弁護士は転職してキャリアを積もう

弁護士になるのは大変難しく、難関な資格です。裁判の際に当事者や被告人の弁護をしたり、法律的な事務処理などを行う大切な仕事です。弁護士の多くは弁護士事務所で働くことが多いようです。その中でも事務所の規模がいろいろあります。大手弁護士事務所から中小の弁護士事務所、そして独立する人も多いようです。しかし、どの人もいきなり独立して仕事が取れるわけではありません。転職を繰り返しながら、次第に自分の描く弁護士として育っていけるのでしょう。

弁護士が転職というと、ちょっと考えられないかも知れません。しかし世間で言う転職とはちょっと意味が違うようです。世間での転職はリストラなどで職を失くして次の仕事を探すケースが多いようです。または給料に不満があったりその他の待遇に不満があってもっといい条件の仕事を探すという、どちらかというとマイナスイメージがあります。しかし弁護士に関しては、転職することでさらにキャリアを積むことができるのです。

近年は企業のM&Aが増えています。また企業の再編も多いようです。労使関係の場面でも法律相談が増えています。企業の海外展開が増えるにつれて国際商取引が増えています。ますます弁護士が活躍する場が増えているのが現状です。融資関係や銀行、保険関係のコンプライアンスに関するバンキングやストラクチャード・ファイナンスなどの金融関係の法務の業務や、訴訟業務も増えています。特に近年は訴訟が多いようです。


リクルートエージェント

弁護士にもそれぞれ得意分野があります。自分の得意とする分野や専門の分野を早く見極めて、そのキャリアが積める転職先を探すといいでしょう。特に海外でも活躍できる弁護士のニーズが高いようです。そのため高い英語力が求められる求人もあります。自分のチャンスを広げるためにも、英語をマスターするといいでしょう。海外でも仕事ができる弁護士になれば、さらに将来性は高まるでしょう。そういう意味でも自分の将来にプラスになるような転職を目指しましょう。もちろん将来性だけでなく、報酬や各種条件面もしっかりチェックする必要があります。経済的な安定を手に入れてこそ、いい転職になるのです。

弁護士は転職してキャリアを積もう

弁護士の転職先

弁護士の転職先は幅広くあるので自分に合ったところを探そう

自分の強みを整理しよう

自分の強みを整理して弁護士の転職を成功させよう

円満退職するために

円満退職するためには退職する意志を早めに伝えることが大切です